ピルを買う方法について考える女性

ピルを買うのは病院?通販?

備えておくピルはどこで買おうか迷うイメージ

女性の社会進出がすすんできている今、会社で大きな仕事を任されていて仕事に集中したい時もあるでしょう。

そんなとき彼や旦那さんがいても、いま妊娠して出産をすることは考えきれない、もう少し先の将来にしたいと考える女性もいるはずです。

また、現実問題として妊娠・出産のときには経済的な負担もかかります。その点からも今の生活では苦しくなると考えて妊娠を避けようとする人も少なくないでしょう。

それでは避妊したい、そう思ったとき簡単に使用できるピルは病院と通販、一体どこで購入したらいいのでしょうか。

海外全体で見てみると、避妊ピルが市販化されているのが当たり前の国も多くあります。しかし、日本では市販化がされていないどころか、病院処方しか認められていません。

実際、病院処方となれば低用量ピルにしろアフターピルにしろ、検査や診察をしてからでいと薬は処方してもらえません。

低用量ピルは一部保険適用がされることもありますが、アフターピルについては保険適用外となるので全て自費負担となります。

診察代や処方薬、時には検査代も含めて約8千円〜1万6千円程度かかってしまいます。

認められているのが病院処方だけしかないのであれば、それしか方法が無いと思われがちですが、実はいまピルの通販サイトもあるのです。

海外の薬を販売している通販サイトでの購入が可能で、金額も千円〜4千円程度の薬代と送料で済みます。

そして病院処方と同じ薬やそのジェネリック医薬品が販売されているので、かなり安く購入することが出来るのです。

病院は医師からの説明を詳しく聞くことが出来ますが、通販はそれが出来ません。自信で注文して、届いた薬を飲むので全てが自己責任となります。

そして、病院処方は診察を受けた当日に薬を処方してもらうことが出来ます。しかし、通販サイトは約5日〜2週間程度は日数を要すると考えましょう。

これらが病院処方と通販サイトで購入出来るピルの簡単な説明になります。これらについては最低限知った上で、どちらで買うか検討しましょう。

特にこれまでピルを利用したことがあり、気になる持病や症状も無い人には通販で事前に購入することがお勧めです。

緊急避妊薬人気No.1アイピル

アイピルはアフターピルの中でも一番人気

日本ではあまり聞いたことの無い「アイピル」。それが緊急避妊薬の人気No.1というのは一体どういうことなのでしょうか。薬として必要な安全性と効果などの観点からアイピルについて知りましょう。



ピル1回分だけでは避妊失敗!?

避妊失敗の可能性が高まって落ち込む女性

毎日飲む低用量ピルは飲み直しをしないことが大切です。アフターピルは、たった1回の服用で避妊効果を得られると言いますが、備えておくのも1回分だけで良いのでしょうか。余分に複数個持っていた方が良いのか知っておきましょう。


ピル通販で騙されないコツ

ピル通販を利用する時の注意点を知る

通販サイトなどのネットを利用する際に、気になるのが詐欺などの悪徳業者ですよね。さらにピルなどの薬となると直接的に身体に取り入れるものなので、注意が必要です。本物を買う為に、信頼出来る海外の通販サイトを見分ける方法を知りましょう。